約束もしないで会えたら

 

作詞:mana

作曲:mana

 

3年ぶりにあなたの住んでいた街に来た

1つだけ降りることのできなかった駅だった

駅前もぎこちなく歩いたアパートまでの道も

何も変わっていなかったから余計苦しくなった


それ以上に不思議なのは”懐かしいな"というあなたがいて

ご飯も食べられなくなったと泣いた私が隣にいる


抱きしめて、ただあの日のように優しく包み込んで

よみがえる景色に本当が見えるはず

あなたのことを好きになった私が悪いの

息ができないほど飲み込む涙は永遠に


あなたと出会ってもう何年目が過ぎただろう

別れてもまだ知らないことばかりがたくさんあるよ


赤に変わりそうな信号を急いで渡るあなたに

"行かないで、待って"と引き止めてしまった


抱きしめて、ただあの日のように優しく包み込んで

言葉より忘れない明日に変わるから

私のことを何もかも知り尽くしたあなたには

聞こえないのだろう ただでさえ小さい声だから


あなたの心変わりを期待していたけど

そんなことより確かに私たちはここにいたんだ

それだけでよかった それだけで それだけで


抱きしめて、ただあの日のように優しく包み込んで

柔らかな香りに前を向いて行けるはず

約束もしないで会えるまではさよなら、またね