肩書きエピソード

 

作詞:mana

作曲:mana

 

別れを惜しむ恋人たちが改札前で抱き合っている

電車の音で声が掻き消されても大した話はしてない

 

肝心な時はいつも心臓が急かして名前すら出てこない

冗談交じりのエピソード 今度会うときにでも聞かせて、聞かせて

 

いつだって文字数オーバー 

抑揚のつけられない言葉 難しさに心は置きっ放しのまま

 

やり直したいことは数え切れないほどあるだろう

だけどあの10月に戻っても同じことしかできない

泣きながら電話をかけたって自分を守ることで精一杯なんだ

 

私たちは時に言葉の花束をプレゼントされたくなる

でも“好きだよ”、”愛してるよ” 言い過ぎても言葉は軽くなる

 

涙が流れて分かる

程よく捨てないとプライド 遠回りのやりとりは意味があるのか

 

“彼氏”や”彼女”の肩書き求めても何が本当なのか

分からない、分からない、当事者だけのエピソード

自分を守ることで精一杯なんだ 肩書きだけのエピソード